香醋と黒酢の違いをご存知ですか

黒酢サプリメントを探す際に、黒酢と明記されているものと香醋と明記されているものがあり、疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

香醋と黒酢は違うのか?それとも同じなのか?と疑問に思っている方のために、ご説明したいと思います。


まず、香醋と黒酢は違うのか?という点に関して言えば、答えはYESです。

香醋と黒酢は、生産国、原料、作り方、貯蔵方法が方法が異なるため、含まれているアミノ酸の量なども異なります。
一般的に香醋の方が、アミノ酸の含有量が多いとされています。


まず、香醋は、中国で作られている食酢であるのに対し、黒酢は、日本で作られています。


次に、原料ですが、香醋は、米だけでなく作られる地域や醸造元によって様々な原料をブレンドされますが、黒酢は、JAS基準の原料を使わなければなりません。
黒酢は、JAS基準で定められた玄米を使わなければなりません。


そして作り方ですが、香醋は、様々な作り方がありますが、「もち米」を例にあげて説明すると、「もち米」から酒を仕込み、「もみ殻」を加えて発酵させ、酢が出来上がるまで、職人が付きっきりで醸造します。

それに対し、黒酢は、壺に玄米と麹菌、水を仕込んだ後は手を一切加えず、野外に放置して1年以上熟成・発酵させます。


このように、香醋と黒酢では、大きな違いがあります。

黒酢サプリランキング関連情報

香醋と黒酢の違うということをご存知ですか?
一緒にされがちな香醋と黒酢ですが、そこには違いがあります。
こちらで、香醋と黒酢の違いについてご紹介してます。

このページのトップに戻る